交通広告

交通広告の利点は、交通利用者にとって1つの生活情報源となる点と共に、通勤通学者には毎日伝わるという反復効果で自然に記憶に残すことができる点です。また、エリアを絞れば、地域に密着した集中的な情報を発信できます。広告の種類は、鉄道を一例に挙げると、車内では中吊り広告やステッカー、駅では看板やポスター、車両をまるごと広告でラッピングした車体広告など多岐にわたります。広告期間も短期から長期まで最適な期間を選ぶことができます。

このように、私たちの毎日の生活のワンシーンで触れることのできる交通広告は、人と人を結ぶ、人と社会を結ぶ、魅力的なコミュニケーションメディアです。